1. ホーム
  2. 30どさん子ラーメン江戸崎店

30どさん子ラーメン江戸崎店

 


 

 ▼お店情報

『どさんこ正面』の画像

どさん子ラーメン 江戸崎店 @東地区
住所:町田196
TEL:0299-79-2279
OPEN:11:00~14:00
    17:00~21:00
定休日:火曜日

▶弁当:500円(日によってメニューが変わります)
▶ラーメン以外の定食やおつまみ、単品メニューもテイクアウトできます。
 ※容器の入荷次第で、今後対応できるようになる場合もあります。
 ※金額に応じて単品メニューを調整することもできます(野菜炒めを500円分作って欲しい、など)。
 ※6月中には、テイクアウト限定の新メニューができるそうです。要チェックですね!

『『どさんこ定食』の画像』の画像『『どさんこ単品』の画像』の画像『『どさんこ弁当正面』の画像』の画像


 

『どさんこ看板』の画像

潮来街道を通ると良く目にするこの看板が、そう、どさん子ラーメン江戸崎店ですね!ランチには営業マンや事務職の方、夜には家族連れでにぎわっています。今回の取材には、現店長の塚本さん(父)と次期店長の成美さん(娘)のお2人に応じていただきました。

どさん子ラーメン江戸崎店は、30年以上前から営業されていますが、現店長さんが前の店主から引き継ぎ、現在も営業を続けられています。また、前の店舗から隣の店舗に移って4年ほどになります。厨房は店長さんと奥さん、ホールと厨房は娘の成美さん、おばあさんと、家族一丸となって経営されています。一人暮らしの身としては、実家のような懐かしい雰囲気がしました。

さて、どさん子のテイクアウトは、テイクアウトクーポン券1枚で買うことのできる500円のお弁当です。体格の良い店長さんも満足できるくらい、お腹いっぱいになって欲しいと、ご飯は店長さん基準の普通サイズです。つまり、通常のお店の大盛りサイズです(笑)どんな方に食べて欲しいか伺うと、力仕事をされている方やお腹の空いた若者、と一番におっしゃっていました。

また、ご飯だけじゃなく、一品料理なども大盛りだよ!とのこと。
そこで、今回はお弁当(500円)と野菜炒め(680円)をテイクアウトすることにしました。

特別に、野菜炒めはその場で作っていただいて、またそれを撮影させてくださることに。
小柄な成美さんが豪快に中華鍋を振る姿が印象的でした!
また、びっくりするくらい野菜が入っています。

『どさんこファイヤー』の画像『どさんこ炒め中』の画像

実際にお弁当と野菜炒めを目の前にすると、そのボリュームにビックリしました!
本当にご飯がぎっしりこんもり。素直に、これで500円ですか?取材だから余計に持っていないですか?と確認してしまいました。普段通りだそうです。
目の前で炒めていただいた野菜ためもパックからはみ出ています。高さも10センチメートルくらいあり、零れ落ちそうです!これも、もちろん普段通りです。
『『どさんこ弁当』の画像』の画像『どさんこ炒め』の画像

さて、お店の取材で一番話が盛り上がったのが、実はお店のご飯のことではなく、今後の稲敷市のこと。
コロナ禍で市内の大きなイベントが無くなっていく中、稲敷市の方々が元気になるための仕掛けを入れていきたいという内容の話で盛り上がりました。例えば、屋台村など色々なお店が集まって、上手に三密を避けながら稲敷市の方が元気になれるイベントができないか、などワクワクする内容がたくさんでした!

また、常に稲敷市という地域を意識して、お店に食べに来てくれる人や地域を元気にしたいと話す店長の話を聞いていると、この弁当や野菜炒めの盛り方は本当に店長の人柄と体格が表れているなぁと納得でした。

そんなどさん子ラーメン江戸崎店さんからのメッセージは、「メガ盛り食べて元気になろう稲敷」です。最後に”稲敷”とつくところが、地域に根付くお店らしいですね!

もちろん、お弁当と野菜炒めはおいしくいただきました!ご飯が進む進む!お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした!

『どさん子親子』の画像『『どさんこメッセージ』の画像』の画像

(土井畑 幸一郎)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり推進課です。

稲敷市役所2階 〒300-0595 稲敷市犬塚1570番地1

電話番号:029-892-2000(代) ファックス番号:029-893-0388

メールでのお問い合わせはこちら
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る